ノグチ歯科医院(野口歯科医院)・治療例-顎関節症

顎関節症

治療例

1701.jpg術前1710.jpg開口障害が主訴の症例です。1702.jpg咬んだところです。1703.jpg投薬により口が少し開くようにして診査、治療を行いました。 模型で診査したところ、原因は下の歯が抜けたあと放置していたため上の歯が延び、この歯に合わせてブリッジを装着したために起こった咬合の不調和でした。
1704.jpg上の歯が正常な高さになるように削合しました。1705.jpg仮歯を装着したところです。1706.jpg下顎のブリッジを除去したところです。1707.jpg下顎にブリッジの仮歯を装着したところです。
1708.jpg症状が改善されたため、上顎にクラウンを装着したところです。1709.jpg下顎にブリッジを製作し、装着したところです。1710.jpg術前1711.jpg術後
1712.jpg開口障害および顔面、頚部の疼痛が主訴の症例です。1713.jpg指2本分程度の開口量でした。1714.jpg診査したところ嚥下癖が原因でした。1715.jpg正しい嚥下の仕方を訓練しました。
1716.jpg真っすぐに開口出来ないため開口訓練も行いました。1717.jpg術後