ノグチ歯科医院(野口歯科医院)・治療法の説明-審美補綴処置

審美補綴(ほてつ)処置

笑った時の綺麗な歯並びや色は健康美の象徴です。個人差はありますが、軽く笑った時は、上顎では第一大臼歯(真ん中から数えて六番目の歯)の外側(頬側面)、下顎では咬む面(咬合面)と頬側面まで見えます。
歯科で使用する材料のうち、強度、耐久性、加工精度が最も優れているのは金合金ですが、だれの目から見ても、審美的には一番悪いです。
そこで、審美性を優先する時、通常、笑って見える範囲(職業によっては、もう少し広い範囲になることがあります)には、セラミックスやハイブリッド・セラミックス(セラミックスとコンポジットレジンの中間的な材料)などを用いて補綴(クラウン、ブリッジ、義歯、ラミネートなど)を行います。
前歯では、歯並びや色とともに歯の形、厚みなども審美性の重要な要素です。
歯の長さのバランス(長すぎたり、短すぎたり、また部分的に不ぞろいであったり)、また横幅のバランス(広かったり、狭かったり)が悪いと審美的ではありません。
歯の厚みが厚すぎても見た目はよくありません。解決法については治療例の項で写真をご覧ください。
その他に、審美性の悪いものとして、クラウンと歯肉の境目(マージン)の黒ずみがあります。

黒ずみの原因としては、下記のことが考えられます。

  • クラウンと歯が不適合であったり、不適合による二次う蝕になったりしている。
  • クラウン(金属の外側にセラミックスやレジンを貼り付けたもの)の金属部分が見えることや、金属イオンが溶け出し歯肉変色をおこすこともあります。また、抜髄(神経を抜く)した歯の補強材(支台、コア)の金属の影響もあります。

   (貴金属系の合金を用いる、全てをセラミックスやレジンで制作することにより解決できます。)

  • 歯肉が下がり(退縮)、変色した歯根部が見えるようになる。
  • 歯肉の位置は加齢により下がり、変化します。特に10代から23,4歳ごろまでは変化が大きいので、早い時期にクラウンを被覆すると数年で境目が見えてきます。
  • 特に、抜髄した歯は歯根が変色しますので、特に目立ちます。安易に抜髄してはいけません。
j0409655[2].jpg笑った時に歯は見えます。j0438388[2].jpg見える範囲は個人差があります。臨床PICT0125.jpg術前臨床PICT0135.jpg術後
0703.jpg術前0704.jpg術後0706.jpg大きく口をひらくと、上顎も咬む面が見えます。0707.jpg希望により見える所は歯と同じ色の材料を用います。下顎は外側と咬む面が見えます。
術前術後PICT0094.jpg歯の長さのバランスが悪いと美しく見えません。0709large.jpg歯肉や歯の先端のライン、また生えている歯の軸の方向により、美しく見える法則があります。クリックで拡大術前術後PICT0100.jpg長さのバランスを取るために歯肉整形を行ったところです。術前術後PICT0145.jpg術後
0712.jpg歯の長さは短くても、長すぎても美しくありません。0713.jpg術前0714.jpg歯肉整形を行ったところです。0715.jpg術後
術前術後PICT0083.jpg歯が長く見えないようにセラミックスの歯肉色を使ったクラウンです。術前術後PICT0085.jpg右の犬歯に装着したところです。0716.jpg前から見ると後ろにいくほど幅が狭く見えます。中央に近いほど歯の形は審美的影響を受けます。この症例は2番目の歯が欠損し、隙間が狭いため犬歯に小さな歯がついています。審美性を考慮して2番目の歯を正常な形にし、犬歯に重ねて見えるようにしました。0717.jpg術前
0718.jpg術後