ノグチ歯科医院(野口歯科医院)・治療法の説明-口臭

口  臭

口臭は真性口臭症(下記で説明)、仮性口臭症(口臭を訴えるが口臭は認められずカウンセリングにより訴えが改善できるもの)、口臭恐怖症(一般の治療では訴えの改善が期待できないもの)に分けることができます。
口臭の原因物質の大部分は、硫化水素などの揮発性硫黄化合物です。唾液や舌苔(舌の表面についた白いコケのようなもの)など口腔内にあるたんぱく質を細菌が分解して発生します。
口臭の原因としてはほとんどが歯周病、不適合の補綴物(冠、ブリッジ、義歯など)、治療を放置した歯牙、 そして舌苔 です。また、口腔機能が低下し、唾液の分泌量が減ると口臭はつよくなります。
副鼻腔炎(蓄膿症)やまれに糖尿病などの全身の病気が原因になるときもあります。この場合は耳鼻咽喉科や内科などによる治療が必要となります。
歯科においては、ブラッシングや舌の清掃法の指導(歯ブラシ、専用の舌ブラシを使用して行う)や、衛生士や歯科医の機具による口腔内の清掃、歯周病の治療、不良補綴物の再治療などを行います。